05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ワイルドターキー スタンダード 

DSC_0755.jpg
ワイルドターキー スタンダードです。
バーボンでは超有名なブランドですね。
入門グレードでもあるスタンダードから飲んでいこうと思います。
ブランドサイトによれば6~8年の原酒を混ぜているようなので、最低6年熟成の様です。
また樽詰め時のアルコール度数を低く抑えているため、瓶詰時の加水量を減らして
熟成時の風味をなるべく残す工夫がされているらしいです。
なんでもバーボンの中でもライ麦が占める割合が最も高いバーボンのようなので、香りに期待が高まります。
ちなみに81proofなのでアルコール度数は40.5度と、わずかに高めとなっています。
ワイルドターキーといえばジミー・ラッセル、エディ・ラッセル親子の名前が出てきますが、
このスタンダードは2011年のリニューアル時に、息子であるエディ・ラッセル監修のブレンドになったそうです。

・ストレート
バニラと穀物の風味の両方を感じ取れる。
ただ特別強いかというとそうでもなく、凄く普通です。
やはりこの真夏でストレートをかぐのは少々辛いか、アルコール臭が鼻をさします。
そして口に含むとアルコールの刺激控えめで大人しいのがわかります。
穀物の風味の広がりをはっきり感じます。じっくり味わうとバニラっぽい風味も若干感じられる。
味も今までのバーボンに比べると濃いめの印象。
塩胡椒を思わせるような若干のスパイシーさはライ麦由来のものなのだろうか。

・トワイスアップ
香りはアルコール感が抜けて穀物の風味がはっきりとしてきました。
そして味も結構残っています。
甘味は若干感じられるが、それ以上にスパイシーさを感じます。
スコッチでいう潮っぽさに感じは近いような気はするけど、それとはまた別のモノ。
余韻にコーンっぽい甘さが残ってこない事から、やはりコーンの率は下げているんでしょうねぇ。

・ロック
ロックで飲むことにより、甘く柔らかい口当たりになり、常温とは違った印象を持った。

【購入】
店舗:マックスバリュ
価格:1700円くらい(5%税込)

【香り】☆☆☆
バニラと穀物の風味の両方を感じ取れる。ただ、特別強いというわけではない。

【味】☆☆☆☆
ライ麦由来(?)のスパイシーさがあり、度数の割に味も濃いめ。甘さ控えめ。

【入手】☆☆☆☆

【おススメ】☆☆☆
ボディがしっかりしていて美味しいのだが、あと数百円だせば8年に手が届くと考えると微妙。
8年の方がよく安売りしているしね。

【総評】
甘くなくドライでスパイシーなのだが、味が濃いので飲み応えがある。
ワイルドターキーとはどういうものなのかをこのエントリーモデルでよく理解できました。

【飲み方おススメ度】
ストレート:★★★★
ロック:★★★★
トワイスアップ:★★★
水割り:?
ホット:★★★
ハイボール:★★★

※以上の評価はあくまで個人的な感想によるものです。
スポンサーサイト

[edit]

« マルス ツインアルプス  |  2014年7月トイズタウン月例レース »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirominifour.blog109.fc2.com/tb.php/277-53b9534a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。