05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

オールドクロウ 

DSC_0713.jpg

オールドクロウです。
今は亡き、松田優作が大好きだった事で有名なオールドクロウでしたが、
その当時はオールドクロウ蒸留所という独自に蒸留・貯蔵を行っておりました。
ですが80年代後半に経営不振の為にジムビーム社に買収されてオールドクロウ蒸留所は閉鎖となったそうです。
なので今のオールドクロウはジムビームをベースにブレンドされており、松田優作が飲んでいたオールドクロウとは異なるものになります。
ちなみに熟成年数はパッと見書いていないんですが、裏のラベルをよく見ると「AGED FOR A FULL 3 YEARS」と書かれているので、3年熟成となります。
一般的な安バーボンは4年熟成を唱っているのに対し、これは1年少ないですね。

ではでは・・・

・ストレート
香りですが、やっぱりジムビームの香りがする!いかにも木!って感じの香り。
でもジムビームほどのキツさはなく、控えめの印象があります。僅かに甘さも加わっているよう気がします。
でもジムビームより劣っている点としてはアルコール臭があることですかね。
まぁバーボンは基本ロックかハイボールなので、そのあたりはあまり気にしませんが・・・
口当たりですが、アルコールの刺激が若干ピリッとくるけど、そこまで気になるものではない。
でもやっぱりジムビームに比べると強い。
味はジムビームに比べるとマイルドになっていると思います。ジムビームらしい若い木の感じはあるけど、
変な薬品臭っぽい物は感じない。
その後に穀物(多分コーン)の甘味が少しだけ残ってきます。

・トワイスアップ
1対1で加水。
樽由来の香りが広がりますが、アーリータイムズのような甘いバニラ香ではなく、単純に木の香りでシャープな印象。
このあたりもジムビームらしい。
そして味はしっかり残っていますね。これは元の味が薄くないという証拠。
ストレートでも感じた、木の板をそのまま舐めているような味わい。そういえば全然甘味は無いですね。
その裏に穀物由来の風味と後味。

【購入】
店舗:某酒屋
価格:1100円くらい(8%税込) ※750ml

【香り】☆☆☆
程よい木の香り。アルコール感は中の上。

【味】☆☆☆
樽の味わいをハッキリ感じ取れるが、甘味は殆どない。

【入手】☆☆☆

【おススメ】☆☆☆
とても飲みやすいが、バーボンらしさもしっかり持っている。

【総評】
全体的にジムビームっぽさを感じたが、全体的に丸くなっている印象。
ジムビームは☆2の低評価だが、決してベクトルとして好みを外れているわけでなく、
あまりにも極端すぎる香りと味わいだったのがその理由。
オールドクロウはそれを解決できていて自分好みのバーボンになっている。

【飲み方おススメ度】
ストレート:★★★
ロック:★★★★
トワイスアップ:★★★
水割り:?
ホット:?
ハイボール:★★★
スポンサーサイト

[edit]

« 信州マルス蒸留所見学  |  J&Bレア »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirominifour.blog109.fc2.com/tb.php/264-23d17d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。