03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ノブ・クリーク 

ノブクリークです。
P_20150422_201304.jpg
ノブクリークはジムビーム6代目のブッカ―・ノーによってリリースされた
スモールバッチバーボンのうちの1つです。9年熟成の100proof(50度)。

【サントリーHPより】
>低温と高温で2度焼きを施した特別なオーク材の樽で、9年もの熟成を経たスモールバッチ・バーボン。
>フルーティでリッチなコクのある味わいが特長です。

コンセプトは禁酒法以前の力強いバーボンだそうです。
瓶の形が分厚い本を思わせるような形で渋いですね。
ラベルもかっこいい。
ハンドメイドで固められた樹脂の封もなかなかいい味だしています。実にアメリカンだ(謎)

・ストレート
香りはバーボンらしい強い樽香があるものの、
それと一緒に柑橘系を思わせるフルーティな香りもします。
口に入れると、50度を思わせる力強いパンチがガツンときて、
その後に濃厚なオーク樽由来のうまみがやってきます。
甘さはあるものの、度が過ぎないとても上品な印象を受けます。
そして穀物の味もほのかにします。
丁度エライジャクレイグ12年とワイルドターキー8年を足して2で割って、
さらに旨みをたっぷり引き出したといったところでしょうか。
さすがお高いだけあるわ。納得納得www
これにはまる人が多いのも納得。

ちなみにこれは実売価格3000円台後半~4000円台前半ですが、
なぜかこれが3000円で売っていた酒屋さんがあったのでついつい手を取って買ったわけですが・・・
いやぁいい買い物をした。
ぜひ機会があればシングルバレルリザーブも飲んでみたいですね。

【購入】
価格:3000円ちょっと(実売は3000円台後半~)

【香り】☆☆☆
樽香はもちろんのこと、柑橘系を思わせるフルーティで明るい香りもする。

【味】☆☆☆☆☆
十分すぎるオーク樽由来のうまみ。
そして程よい甘味と穀物の味。

【入手】☆☆☆

【おススメ】☆☆☆☆☆

【飲み方おススメ度】
ストレート:☆☆☆☆☆
ロック:☆☆☆☆
トワイスアップ:?
水割り:?
ホット:?
ハイボール:?
スポンサーサイト

[edit]

ザ・グレンリベット12年 

P_20150419_205355.jpg
ザ・グレンリベット12年です。
スペイサイドのシングルモルトです。
グレンリベット蒸留所はスコットランドで最初の政府認定の蒸留所となったので、
公式にはこれがスコッチウイスキーの原点とされています。
(それまでは玉石混交でそこらじゅうで勝手にウイスキーが生産されていました)
このグレンリベットはどうも麦芽を乾燥させる際にピートを焚いていないそうです。
僕が知っている情報はそれくらいです。

値段的にはグレンフィディック12年と並び、スコッチシングルモルトの中では最安値ブランドです。
なのでシングルモルト飲んでみようという人は
とりあえずグレンフィディック12年かこれを選ぶ人が多いのではと思います。

・ストレート
色は薄めの金色です。
香りはレモンや青リンゴを思わせるようなフルーティな感じです。
蜂蜜っぽい香りもする。聞いていた通り、ピートの香りはしない。
ちょっとだけアルコール臭が気になる。
口に入れると、蜂蜜?と思わるようなトロッとした甘味がくるが、
ガツンと濃厚には来ず、とてもライトな味わいです。余韻も長くない。
癖が無いといえば聞こえはいいですが、言い換えれば面白味や深みが無い。
この味わいをどうとらえるかは飲んだ人次第かと思います。

【購入】
価格:2300円位

【香り】☆☆☆
レモンや青リンゴと蜂蜜が混じったような香り。
ピート香はゼロ。

【味】☆☆
蜂蜜のような甘さがひろがるが、ライト。

【入手】☆☆☆☆

【おススメ】☆☆☆

【飲み方おススメ度】
ストレート:★★★★
ロック:★★★
トワイスアップ:★★★
水割り:?
ホット:?
ハイボール:?

[edit]

バランタイン12年 (旧・丸瓶) 

P_20150403_202207.jpg
バランタイン12年です。
こちらは1世代前の12年物になります。
その当時、現行物はバランタイン12年ブルーとして発売していました。
こちらは2011年12月に終売となった品ですが、ブランドサイトの中にはしっかり残っています。
http://www.ballantines.ne.jp/products/former12years.html

>2003年マスターブレンダーが日本で人気の『水割り』に発想のヒントを得て、
>40種類以上の原酒を駆使してブレンドした製品。
>まろやかな深いコクと華やかでフルーティーな香りが特徴の逸品。

日本向けに開発されたウイスキーはこれまで何本か紹介いたしまたが、
どれも甘くて飲みやすいのが特徴でした。逆に、ガツンとは来ないですが。
さてさて、これはどんな味わいなのでしょうか・・・。

・ストレート
香りは甘さを伴った柔らかいクリーミーなもの。ピート香もちゃんとする。モルトの香りもする。
そして口に入れると、まず感じたのは意外にも意外。ヨード。
その後はかすかな潮気を感じて、最後はクリームやバターを思わせるようなまろやかな余韻が続く。
深いですね・・・。とろみも感じます。
現行の12年物とは比べ物にならないくらいの主張を感じられます。うまい。
現行より1000円ほど高かったのだから、当然といえば当然の結果でしょうか。

初心者にはこのトロっとした深みにはまり、
逆に飲みなれた人には若干のヨードと潮気がスコッチを飲んでいるんだなという満足感を得られるでしょう。
これがもう手に入らないというんが実に残念です。
スコッチのお手本として挙げたい1本だなと思いました。

【購入】
価格:3000円位

【香り】☆☆☆
クリーミーさをともなったピート香。若干モルティ。

【味】☆☆☆☆
ヨード→潮気→クリームと流れる。
まろやかでオイリーな余韻が長く続く。

【入手】終売品

【おススメ】終売品なので評価せず

【飲み方おススメ度】
ストレート:★★★★★
ロック:★★★
トワイスアップ:★★★★
水割り:?
ホット:?
ハイボール:★★★

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。